人の手センサーの敏感さ

この前くっつけた器です。

写真で見ると、ズレもなく上手いことくっついたように見えるのですが、手で触ると鋭角な部分を感じて、少し引っかかります。

もうそこは、ミリ単位とかの話ではないですよね。こういう時、人の手の感覚の鋭さ、敏感さにハッとします。

伝統工芸の世界では、この微かな感触とか手触りとかを頼りに素晴らしいお仕事されている方がとてもとても多くて、本当に頭が上がりません。職人さんたちの仕事ぶり、尊敬に値します。

私は職人ではありませんが、せめて日々の生活に必要とされているモノたちが、壊れたり汚れたりして無碍に捨てられることがないように、モノを大事にするために、技術を磨きたいと思っています。

まるでお料理

欠けたお皿を直す時、よく使うのがこちら。

はい、白玉粉でございます。

これを水で溶いて、弱火にかけてコトコト音がしてきたら、一気に練り上げてお餅を作ります。あ、でもお餅を作ることが目的ではなく、お餅状になった白いネバネバを糊として使うのが目的です。

お餅状の米糊ができたら、漆と混ぜます。練り練りしてきてダマがなくなったら、糊漆の完成です。そこにコクソと呼ばれる綿の小さな繊維を混ぜたり、木粉や砥の粉など混ぜたりしてさらに練り上げたら、器の欠けを補修するのに用います。糊は炊けている真っ白なご飯があれば、それを練ってもいいですし、小麦粉でもいいのです。※外のサイトなど見ると、小麦粉がやっぱり最強みたいです。

糊漆を作る過程は、まるで料理のよう。食べられるものがそのまま材料になるのだから、面白いです。漆はもちろんそのまま食べたら大変なことになるけれど…、乾けば無害。樹木から頂いた天然の塗料と、農作物である穀物の力で、器をくっつけていきます。

本漆のこと

金継ぎが何年か前からブームのようになり、初めての方でも、難しい知識なしに始められるキットが東急ハンズなどでも手に入るようになりました。私はそういった品物を使ったことがないのですが、どうやら手に取りやすいキットのなかには本漆ではなく、石油を原料とした合成漆を使用しているものも少なくないようです。

手軽に始められるし、安価だし、なによりかぶれの心配がありません。入り口としてはとてもいいと思うのですが、石油由来なので食器への使用は、色々と心配が残ります。

その点、やはり天然素材の漆は安心です。

私が使用している本漆は、師匠の藤原啓介さんからすすめられた播与漆行さんのもの。漆はとても伸びがいい塗料(?)なので、私のように細々と作業している程度だと、この一本がしばらくもちます。

注意書きには、冷暗所または冷蔵庫で保管して下さい。と、あります。漆は生きています。夏場は特に、酵素の働きが活発になるため暑いところに放置しておくと発酵がすすみ、腐ったり、漆チューブが爆発することがあるとかないとか。

腐るのも嫌ですが、爆発したら怖すぎるので、私の漆の定位置は、我が家の冷蔵庫のすみっこです。なかなかシュールな画ですね。

かぶれの心配もあるし、保管の心配もあるし、水彩絵の具のようにサッと出してパッと塗って…というわけにはいきません。それなりに扱いにくいので、やっぱり最初は合成漆のほうがいいのかも?^^;

でも漆が、扱いにくいのは、漆が生きている塗料だからです。

漆が面白いのも、生きている塗料だからかもしれません。

棄ててしまう前に・・・

この夏にお直しさせて頂いたお椀から、色んなことを学びました。よく使い込まれた拭き漆のお椀です。

私の手元に来たときは、もう塗装がおちて肌がカサカサしていて、器の内側の底面には油じみがありました。そして亀裂が一か所。器の胴体の腰あたりまで深く入っていました。これで毎日のようにお味噌汁を入れたのかな。たくさん使ってもらって、たくさん働いたことが、その様子を見ているだけでも伝わってきました。

このお椀の場合は、傷みも大きかったので、拭き漆の上塗りではなく、一度すべて研磨して表面に残っている塗装をすべて落とし木地の状態に戻してから、もう一度最初から塗り直すことになりました。

そして、大きな亀裂は綿布を当ててその上から漆を塗りこむ「布着せ」という手法で補強しました。こうしておけば、これ以上ヒビが大きくなることもないですし、デザイン的にもアクセントになって渋かわいいです。

実は布着せ初挑戦だったのでドキドキしましたが…。拭き漆も塗りあがってみると、来た時とは比べ物にならないくらいしっとり肌に生まれ変わり、本来の美しさを取り戻しました。また一つ勉強になりました。ありがとうございます。

作業日誌と題し

日々の作業のこと、私の机の上で起こる色々をご紹介します。

金継ぎ工房と言っても、実は子育ての合間にチマチマと行っていることなので細々としたものです。勉強することも沢山あります。まだ未熟な部分も多々あるでしょう。ですが、私にも何かできることがあるんじゃないか?と思ったのが、立ち上げるきっかけです。

地球環境の危機が声高に叫ばれながらも、モノを消費するスピードは一向に緩やかになる気配がありません。安価な素材で大量に作られたものが、右から左へ、大量に消費されて、マイクロプラスチック問題などを引き起こしています。もう消費するだけの暮らしはやめにしませんか。

私たち日本人の心にあったであろう「もったいない」の精神はどこへいったのでしょう?モノを粗末に扱っていませんか?

丁寧に作られた物には心が宿ります。大切にされた物にも心が宿ります。だから壊れてしまった時に、捨てるのが惜しくなります。悲しくなりますね。そういう時は諦めないで欲しいと思います。

金継で直せるものがあります。使い続けるための知恵があります。日本にはすばらしい伝統があるのです。

私でお役に立てることがあれば、割れたお椀を手に、ご相談へおいで下さい。

修理は基本的に本漆を用いて行っております(合成樹脂は使用していません)

仕上げについては、金・銀・真鍮と色漆などに対応しております。ご依頼される方の

意向を伺い、その都度、相談のうえで決めていきたいと考えております。

<ご依頼までの流れ>

まずはじめに画像などで破損の状態を拝見し、仮見積もりをさせて頂きます。その後

修理品を直接お持ちいただくか郵送して頂き、見積額を決定、修理となります。

<修理・メンテナンスできないもの>

当工房では、ガラス製品についてはお断りさせて頂いています。技術が追いついたら

お受けできるようになるかも知れません。その他、器の状況によりお断りする場合も

ございますことをご了承ください。